「若い時には便秘なんてしたことなかったのに…」
「便秘を改善したいけど、毎日薬を飲んでいるから便秘薬を使うのは不安…」

そうお悩みの方に、高齢者でも安心して飲めるおすすめの便秘茶と便秘の改善法についてご紹介します。

1.高齢者が便秘になる3つの原因


高齢になると、男女ともに便秘に悩む人が増えるようです。
そこで、どうして歳を経ると便秘になりやすいのか?その原因を調べてみました。

1-1.食事量や水分量の不足

高齢になって少食になると、便の量も少なくなるため便が腸内に長く停滞することになります。
すると、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化して便秘が慢性化する可能性があるのです。

また高齢になると喉の渇きをあまり感じなくなるため、水分をあまりとらなくなる人が増えます。水分不足が原因で便が乾燥して硬くなり便秘を引き起こすのです。

1-2.筋力の低下

加齢による体力や筋力の衰えは避けることができません。
特に腹筋力の低下は、腸のぜん動機能に影響し、便を押し出す力が弱まって便秘の原因になります。

また運動不足になると身体の新陳代謝が悪くなり、腸内の老廃物がなかなか排出されず、腸内環境が悪化して便秘を引き起こします。

1-3.薬の副作用

高齢になると、血圧や通風、糖尿病などの持病薬を、常に服用している方も多いのではないでしょうか。
特に、便秘になりやすいとされている薬には「抗生物質」や「抗うつ」の薬があります。

自分が飲んでいる薬の副作用には、どのようなものがあるのか確認しておきましょう。

便秘茶の成分の安全性や副作用について、詳しくはこちら

便秘に効くお茶の成分は安全?副作用や腹痛の可能性は?

便秘茶を飲むにあたって注意しなければならないことがあります。それが軽い副作用です。 便秘茶ってどんな・・・

2.高齢者の便秘のタイプ


高齢者がなりやすい便秘には、主に次の2つがあります。

2-1. 弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

高齢になると大腸の機能が低下し筋肉も緩み、腸のぜん動運動が弱まります。
そのため、便がスムーズに流れず腸内に便が長時間滞留するのです。

滞留している便は、水分を腸壁から吸収され乾燥し硬くなり、便秘を引き起こします。
高齢者に多いのが、この弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)といわれるものです。

弛緩性便秘の症状:コロコロとした硬い便。お腹が張る。肩こり、頭痛。冷え性。倦怠感。食欲の低下。

2-2. 直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

日頃から便意を我慢するなど、脳からの排便のサインを無視してしまうことが原因で起こる便秘です。
高齢になると老化のため、便意をもよおす神経系の感覚も鈍くなってしまいます。

直腸性便秘は自分が便秘であるという自覚症状があまりないため、放置しないよう気をつけましょう。
直腸性便秘の症状:便意があってもなかなか出ない。硬く黒い便。下腹部が痛む。お腹が張る。臭いおならが出る。

3.お年寄りのための4つの便秘解消法


つらい便秘を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?高齢者のための便秘の改善法についてご紹介します。

3-1.トイレに行く習慣をつける

便秘を解消する最も簡単な方法は、便意がなくてもトイレに行く習慣をつけることです。
決まった時間にトイレに行く癖をつけることで体が覚えて、自然と便意をもよおすようになるのが理想です。

3-2.毎日運動を欠かさない

無理をしない範囲で毎日欠かさず運動をしましょう。運動といっても散歩や家事、畑仕事など日常的に行なう全身運動を続けるだけで十分です。
体が自由に動くだけの筋力を保っていれば便秘の原因にはならないでしょう。

3-3.食生活を改善する

食生活に偏りがあると便秘の原因になります。便秘を改善するためには、食生活を見直して腸にかかる負担を減らすようにしましょう。

食物繊維

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をバランス良く摂って、初めて腸内環境を整えてくれます。
水溶性食物繊維1:不溶性食物繊維2の割合で摂取するのがベストです。

オリーブオイル

植物性油脂のオリーブオイルは、固まりにくい性質を持つ不飽和脂肪酸「オレイン酸」を多く含んでいます。
このオレイン酸のもつ乳化作用で便を柔らかくし、スムーズな排便を促してくれる効果が期待できます。

乳酸菌やオリゴ糖

乳酸菌には、腸内環境を整えて便秘を改善に導く効果が期待できます。
またオリゴ糖は、生きたまま大腸に届いてビフィズス菌をはじめとする善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌が増える手助けをします。

3-4. 小まめな水分補給

1日に必要な水分量は1.5~2リットルですが、大切なのは「1日通して、こまめに何度も水分補給する」ことです。
1度に大量に摂取すると、体は尿と一緒に排出してしまうので、しっかりと便にまで水分がいきわたるようにこまめに摂取しましょう。

理想的なのは、体への負担の少ない水か白湯を喉に渇きを感じないペースでゆっくりと摂取することです。
同じ水分を補給するのであれば、いろんな栄養成分が入っている便秘茶などを上手に取り入れることもおすすめです。

4.高齢者に適した便秘茶の選び方


では高齢者の場合、具体的にどんな便秘茶を選べばいいのでしょうか。

4-1.ノンカフェインの便秘茶を選ぶ

なぜノンカフェインが良いのかといいますと、
カフェインを多く含むお茶や、コーヒー、紅茶などを大量に飲むとカフェインに含まれる利尿作用により、体内の水分が余分に排出され便の水分が不足し、便秘を悪化させてしまう恐れがあるからです。

利尿作用のないノンカフェイン便秘茶なら、夜寝る前でもトイレの心配をせずに、たっぷりと水分補給することができます。
また副作用の心配がなく、安眠作用もあるので、ぐっすりと眠れる効果も期待できるでしょう。

ノンカフェインの便秘茶について、より詳しくはこちら。

ノンカフェインのリラックスできる便秘茶特集

便秘茶に限らず、お茶にはカフェインが含まれていることが多いです。しかし、カフェインには、覚醒作用があ・・・

4-2.乳酸菌やオリゴ糖が配合されているものを選ぶ

最近の便秘茶は、乳酸菌やオリゴ糖などいろんな成分が配合されているものが増えています。
加齢により腸内環境が悪化しやすい高齢者の方は、特に腸内環境の改善効果が期待できる乳酸菌やオリゴ糖などが配合された便秘茶を選ぶことをおすすめします。

5.高齢者におすすめの便秘茶3選


高齢者におすすめしたいノンカフェインでノンカロリーの3つの便秘茶をご紹介します。

デルモッティ

おすすめポイント:他のお茶にはあまり含まれていない乳酸菌配合で、善玉菌を増やし腸内環境の改善に役立ちます。
最安値価格: 1,836円(30日分)

プレミアムオーガニックルイボスティー


おすすめポイント:腸内環境を整えるビタミンB類、ビタミンCや、便をやわらかくして排出を促すカリウムやマグネシウムが含まれているため、自然な排便を促す作用があります。
最安値価格: 970円(お試し用21日分)

たんぽぽ茶ブレンド


おすすめポイント:たんぽぽの根に含まれるイヌリンという食物繊維には、腸内の余分な水分を便に取り込み、便をやわらかくする効果があります。
最安値価格: 730円(お試し用10日分)

便秘茶の効果的なお茶の飲み方について、詳しくはこちら

便秘におすすめのお茶の効果的な飲み方。飲み方でスッキリ度が変わる!

「便秘茶を飲んでみたいけど、正しい作り方や飲み方が分からない」 「お茶を飲んでも便秘への効果をいまい・・・

6.まとめ

高齢者でも安心して飲めるノンカフェインで有効な成分を含むおすすめの便秘茶についてご紹介しました。
便秘の改善には、水分補給がかかせません。利尿作用のないノンカフェインの便秘茶なら、夜寝る前でもトイレの心配をせずにしっかりと水分ができます。
体に優しい便秘茶を毎日飲用することで、便秘の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。