妊娠中
妊娠初期〜中期は便秘に悩んでいる人が多いです。さらに、妊娠中の便秘は普通の便秘と違ってこんなことにも悩まされますよね。

  • むやみに便秘薬が飲めない
  • お茶の成分が気になって便秘茶が飲めない
  • 赤ちゃんもいるからお腹の圧迫感を余計に感じて苦しい

このような妊娠中の便秘の悩みも、お茶ですっきり解決しましょう!

1.妊娠中でも安心して飲めるノンカフェイン便秘茶「たんぽぽ茶」


今回は、妊娠中でも安心して飲めるノンカフェインの便秘茶「たんぽぽ茶」をご紹介します。

1-1.たんぽぽ茶が選ばれている理由

1-1-1.ノンカフェイン

たんぽぽ茶には、カフェインが含まれていないので、副作用の心配がなく妊娠中でも安心して飲めます。

1-1-2.食物繊維が豊富

たんぽぽ茶には、食物繊維が豊富に含まれているので、妊娠中になりやすい便秘の改善が期待できます。

1-1-3.味にクセがなく飲みやすい

たんぽぽ茶は、味にクセがなく、サッパリとしていて非常に飲みやすいです。

番茶や黒豆茶のように少し香ばしさを感じるものもあります。
美味しいのでゴクゴクと飲めて、続けられると好評です。

1-2.たんぽぽ茶を最安値で購入する方法

たんぽぽ茶を最も安く購入できるのは公式サイトです。
初回限定ならではの特典もありますので、詳しくご紹介します。

1-2-1.お試し用セット

最も安く気軽に試してみたい人におすすめなのがお試し用セットです。
お試し用セットは、10日分(ポット用4gティーバッグ×5個入)×2袋入り

初回限定価格 税込730円(送料無料)です。※2袋分の価格になります。
購入は、1人3セット迄。30日以内の返品・返金保証も付いています。

特別ご優待セットなどの特典もありますので、詳しくは、こちらをご覧ください。

たんぽぽ茶の価格・口コミ・成分・効果の詳細情報

目次たんぽぽ茶の気になる成分と効果、おすすめ商品と価格、口コミ情報1.たんぽぽ茶に期待できる7つの効果2.たんぽぽ茶を最安値で購入する方法3.たんぽぽ茶の成分と注意点4.たんぽぽ茶の口コミ5.まとめ たんぽぽ茶の気になる・・・

コメントなし

2.妊娠中、便秘になりやすい5つの理由


便秘には直腸性便秘と弛緩性便秘の2種類あります。

直腸性便秘とは、大腸までは正常に便が運ばれていて、肛門の機能障害によって便がうまく排出されない状態の便秘です。

対する弛緩性便秘とは、大腸が便を運ぶ蠕動運動の低下や、消化器官の機能の低下によって起こる便秘です。妊婦は特に弛緩性便秘になりやすいです。

妊娠中は、以下の5つの原因によって便秘を引き起こしてしまいがちです。

  • ホルモンバランスの変化
  • 食生活の変化
  • ストレス、疲れ
  • 運動不足
  • 体内の水分量が低下

この5つの原因によって、便秘を引き起こす可能性が極めて高くなってしまうのです。

ホルモンバランスの変化

妊娠時は、女性ホルモンの一種プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。

プロゲステロンは「妊娠を助けるホルモン」とも呼ばれており、基礎体温を上げたり体内の栄養を蓄える作用があるのですが、体の機能が低下して胃腸の働きを抑えてしまう働きもあります。

このプロゲステロンの作用によって腸の蠕動運動が弱まったり、便に水分がいき渡らず固くなってしまい、便秘を引き起こしてしまうのです。

食生活の変化

妊娠初期は、つわりや体調の変化によって食欲が湧かなくなってしまったり、嗜好が変化してしまうことが多い時期です。便秘の原因の一つに、食べる量の減少や食生活の変化が深く関係しています。

食べられるものだけを摂る食生活になってしまうと、便秘解消に必要な食物繊維や水分・ミネラルなどが不足して便秘がちになってしまいます。

ストレス、疲れ

妊娠による身体的・精神的な疲れやストレスも排便に影響します。

胃腸は体の中でも特にストレスに弱い器官で、大きなストレスを感じてしまうと交感神経が活発になり胃腸の動きが乱れてしまいます。

妊娠中は、疲れやストレスによって胃腸の機能が低下をしてしまい、ストレス性の便秘も引き起こしやすい時期なのです。

運動不足

適度な運動は腸の動きを活発にさせる働きがあります。しかし、妊娠中はお腹に子どもがいるので運動をする機会が大幅に減少してしまいます。

妊婦さんは過度な運動を控えるべきなのですが、出産や正常に体を機能させるには体力が必要です。

軽いストレッチでもOKなので、少しずつ運動しておくと、便秘の解消にもつながり出産時の負担も軽減することができます。

体内の水分量が低下

妊娠後期になると、お腹の中で赤ちゃんが大きくなってきて、それに合わせて子宮もどんどん大きくなります。

大きくなった子宮が大腸を圧迫してしまい、大腸で便の通りが遅くなってしまいます。便の通りが遅いと、便の水分が余分に吸収されてしまい、便が固くなって余計に大腸を通りにくくなってしまうのです。

このように妊娠後期も便秘になりやすい原因があります。

3.妊娠中に飲んで便秘を解消するお茶の選び方

733023
では、妊娠中はどうやって便秘を治せば良いのでしょうか。

妊娠中は便秘薬が飲めません。よって、治すならお茶が最も安心で有効な方法です。しかし、便秘茶の中にも妊娠中に飲んで良いもの・飲んではいけないものがあります。

便秘茶を正しく選んで、妊娠中の便秘を健康的に解消しましょう!

3-1.妊娠中は便秘茶の成分に特に注意!

妊娠中に飲んではいけないお茶には、妊娠中の体の機能を妨げたり、子宮を圧迫して負担をかけてしまう作用のある成分が含まれています。

そういった成分は必ず避けてお茶を選ぶようにしましょう。

3-1-1.妊娠中に摂取してはいけないお茶の成分

妊娠中に摂取すると危険性がある成分はこの5つです。

・センノシド
・アントラキノン誘導体
・カテキン
・カフェイン
・タンニン
センノシド

配合されている原料:センナ、キャンドルブッシュ
センノシドは天然の下剤成分で便秘解消への効果が高いことから、センノシドを含む植物であるセンナやキャンドルブッシュ(別名:ゴールデンキャンドル)が多くの便秘茶に含まれています。

しかし、センノシドは妊婦や胎児への安全性が確認されておらず、妊娠中に摂取するのは危険だとされています。センノシドは子宮の収縮を誘発して、早産・流産のリスクがある点も危険だと言われている理由です。

また、センノシドを含むプルゼニドなどの医薬品は妊婦禁忌薬(=妊娠している人に原則投与してはいけない)にも指定されています。

センノシドを含む原料が配合されているお茶は避けるようにしましょう。

アントラキノン誘導体

配合されている原料:エビスグサ、カワラケツメイ
こちらの成分も、腸の蠕動運動を促して便秘に高い効果を発揮します。しかし、効果が強く妊娠中など体の調子がデリケートな時期に摂取すると腹痛や吐き気などの副作用を起こしてしまう可能性があります。

妊娠中はなるべく避けたい成分です。

カテキン

配合されている原料:緑茶、柿、リンゴなど
カテキンには、胎児の形成・発育や母体の健康に必要な水溶性ビタミンである葉酸の働きを阻害しまう働きがあります。

特に、妊娠3ヶ月までの初期段階は、胎児の二分脊椎や無脳症のリスクを減らすために葉酸が必要です。

葉酸の働きを阻害させないためにも、カテキンはなるべく摂らないようにしましょう。

カフェイン

カフェインは胃腸の働きを促進する効果があるメリットがありますが、妊娠中は避けたい成分です。

妊娠中にカフェインを摂取すると、胎盤を通って胎児にまで行き渡ってしまいます。胎児はカフェインの分解が未発達で、カフェインがとどまってしまい発達の妨げになってしまう可能性があります。

妊娠中はお茶やコーヒーなどに含まれるカフェインを摂りすぎないようにしましょう。

タンニン

タンニンは、カテキンが酸化していくつも連なっている成分です。タンニンは、鉄とくっつきやすい成分を持っています。

タンニンを多く摂りすぎてしまうと、体内の鉄分が余計にタンニンに結びついてしまい、めまいや貧血を起こしやすい体質になってしまいます。

お茶を飲む時は、タンニンがなるべく入っていない発酵茶を選ぶようにしましょう。

3-1-2.妊娠中に摂取してはいけないハーブ類

キャンドルブッシュやセンナの他にも妊娠中に摂取してはいけないハーブがあります。それは主にこの6つです。

・ラズベリーリーフ
・ローズマリー
・レモングラス
・サフラン
・ニーム
・エフェドラ

このようなハーブは妊婦や胎児への安全性が確認されていません。また、妊娠中の飲用は禁忌とされている植物もあります。

妊娠中に飲むお茶は、ハーブの種類にも注意して選ぶようにしましょう。

3-1-3.妊娠中に摂取してもOKな成分

対して、妊娠中に飲んでも問題ない、便秘に効果があって体に優しい成分をご紹介します。

・水溶性食物繊維
・乳酸菌
・オリゴ糖
・桑の実
食物繊維

最も安全性が高く、便秘に効果のある成分だと言われています。一般的な便秘だけではなく、妊娠中の便秘にも効果的です。

便のかさを増やして便を通りやすくさせる不溶性食物繊維と、便を柔らかくしてくれる水溶性食物繊維をバランスよく摂取することが大切です。

乳酸菌

腸内には無数の種類の細菌が存在しています。乳酸菌には、腸の調子を整える善玉菌の働きを助けたり、増やしたりする働きがあります。

副作用の心配がなく、腸の動きが活発になるので妊娠中の便秘改善のためには積極的に摂りたい成分です。

オリゴ糖

オリゴ糖には腸内細菌のバランスを良くして、腸内環境を整える効果があります。また、腸に刺激を与えることで、腸の蠕動運動を活発化される差王もあります。

オリゴ糖の一種ガラクトオリゴ糖は、体内でも作られる成分なのでどんな人が摂っても安心です。

3-2.妊娠中の便秘対策に飲んでも安全なお茶、飲んではいけないお茶

先ほど説明した妊娠中に摂っても良い成分、控えるべき成分を元に、妊娠中の便秘対策に使えるお茶・使えないお茶をご紹介します。

3-2-1.妊娠中に飲んでもOKなお茶

妊娠中でも便秘改善のために飲んでも問題ないお茶はこの4つです。

・黒豆茶
・たんぽぽ茶
・ごぼう茶
・ルイボスティー

黒豆茶、たんぽぽ茶、ごぼう茶は水溶性食物繊維が豊富で、腸内にとどまって固くなった便にアプローチして排出する効果が期待できます。

ルイボスティーはノンカフェイン・ミネラル豊富で、胃腸の機能を高める作用があります。栄養不足やストレスによる免疫力の低下も抑制する効果もあります。

3-2-2.妊娠中は飲めないお茶

逆に妊娠中に飲めない・飲まない方が良いのは以下のお茶です。

・センナ茶
・キャンドルブッシュベースの便秘茶
・コーヒー
・緑茶

便秘を解消するなら、より効果のある便秘茶を飲みたい気持ちは分かりますが、センノシドやカフェインが含まれた便秘茶を飲むのは危険性がありおすすめできません。

妊娠中や授乳中はセンノシド・カテキン・カフェインなどが入っていないお茶を選ぶようにしましょう。

4.妊娠中でも安心して飲める便秘茶ランキング

6935082

4-1.ノンカフェインたんぽぽ茶ブレンド

食物繊維豊富なたんぽぽ根と、肝機能を保護・腸内環境を改善するサポニンがたっぷりの黒豆をブレンドした香ばしいお茶です。

母体に不足しがちなカルシウムや鉄も摂取できる妊婦さんの強い味方。ノンカフェインの温かいたんぽぽ茶で体を温めてホッと一息つきましょう。


4-2.するっと抹茶


原材料はグア豆、桑抹茶、てんさい糖の3種類のみで作られたお茶。
ノンカフェイン・下剤成分フリーなのはもちろんですが、オリゴ糖やビタミン・ミネラルなど妊婦さんに必要な成分を効率よく摂取できます。

冷たい水や牛乳でも溶けやすくて、とても飲みやすいお茶です。

4-3.すっきり贅沢緑茶

zeitakuryokucha

胎児の発育に欠かせない葉酸を始め、鉄、カルシウム、乳酸菌など妊娠中に必要な栄養素を効果的に摂取できる便秘茶です。

グア豆由来の水溶性食物繊維で、体に溜まった老廃物を効率よく排出してくれます。牛乳で割っても美味しく飲めます。

公式ページはこちら

4-4.カイテキオリゴ

好きなお茶や便秘茶などにプラスして飲むタイプのオリゴ糖です。甘さは砂糖の4分の1程度なので、スプーン1杯入れてもお茶の味はあまり変わりません。

オリゴ糖の成分が乳酸菌のエサになり、腸の動きを活発化してくれます。妊婦や高齢者の方など幅広い世代で飲むことができるので、便秘解消に人気の製品です。

公式ページはこちら

4-5.はぐくみオリゴ

腸内の善玉菌を活性化させるオリゴ糖です。腸内環境の改善に最大限に効果を発揮する5種類のオリゴ糖をブレンドして作られています。

ノンカフェインのお茶に少し混ぜるなどして使うとより効果的です。

公式ページはこちら

5.妊娠中の便秘をお茶以外で改善する方法


妊娠中でも行えるツボ押しマッサージや、軽い運動、生活習慣のポイントなどをご紹介します。

5-1.今すぐできる!便秘に効くツボ押しマッサージ

体には便秘に効くツボがいくつかあります。その中で気軽に押せるツボを一部紹介します。

神門(しんもん)

手首の内側に一番太い手首のシワの線上・小指と薬指の間の延長線上にあるツボです。

ここはストレスによる便秘の緩和に効果をもたらします。心身の疲れを癒やすツボとしても利用されています。

間使(かんし)

手首から指4本分ヒジ側にあるツボです。便秘の人はこのツボを抵抗感があり若干の痛みを感じることが多い場所です。

まずは、毎日1〜2分ほど押してみる習慣をつけてみましょう!

大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪は「大腸を治す場所」という意味で、大腸の機能をサポートする効果が期待できます。背中の腰付近にあるツボで、少し押しづらい場所にありますが、効果は大きいと言われています。

ボトムの2cm上・背骨から指2つ分離れたところを両手中指で刺激してみましょう。痛気持ちいい感じがしたら効いている証拠です。ちなみに大腸兪は腰痛の改善にも効果があります。

便秘点(べんぴてん)

便秘点は名前の通り、便秘に効果をもたらす点です。肋骨の1番下の骨から指2本分ほど下がった場所・背骨から指4本分離れた両端にあります。

自分でツボ押しする場合は立ってウエストに手を置いた状態で、誰かに押してもらう時はうつ伏せの状態で刺激してみてください。

5-2.毎朝決まった時間にトイレに行く

毎日できる便秘改善法として、有効なのがトイレに行く習慣です。

特に女性は、恥ずかしいという理由で外出先で排便するのを我慢する人が多いです。しかしこの我慢のせいで、便意を感じにくくなってしまい、自然な排便ができなくなってしまいます。

自然な排便習慣を取り戻すためには、朝の排便習慣で朝の排便する習慣をつけることで、体内でも腸の活動を活発にするという習慣が自然に身につきます。

便意がなかったとしても毎朝トイレに行く習慣を身につけるようにしてください。

5-3.軽いウォーキングなど適度に運動する

安定期に入れば、軽い運動を始めるのがおすすめです。便秘解消だけではなく、出産時の体力作りにも効果的です。

体調が安定している日は、1km程度の軽いウォーキングから始めてみましょう。地面を踏みしめることで骨盤と腹筋が刺激されて便秘に効果的です。

6.まとめ

妊娠中の便秘を治す時は、妊婦に必要な栄養素の摂取と・便秘解消に効果的な食物繊維の摂取を意識的に行ってください。
お茶選びには十分注意して、食物繊維たっぷりのお茶で便秘を解消してくださいね!