「どうして便秘を改善すると、ダイエット効果が期待できるの?」

「快便ダイエットのやり方は?」

「快便ダイエットは本当に効果があるの?」

あなたは、こんな疑問を思ったことはありませんか?

快便ダイエットに効果的な理由は2つあります。

  • 老廃物や毒素が溜まりにくくなり、基礎代謝が上がる
  • 皮下脂肪や内臓脂肪が付きにくい体質に改善できる

上記のような体質に改善されることにより、食べたものをすばやく消化する効果が期待できます。

そのため、快便ダイエットは体重を減らすのに効果的です。

これから、快便ダイエットの方法や他の便秘改善方法など詳しく紹介していきます。

1.快便ダイエットの方法


まず、快便ダイエットについて詳しく紹介していきます。

1-1.快便ダイエットとは?

快便ダイエットは、生活習慣を見直すことで便秘を改善し、腸内環境を整え痩せやすい体を作っていくダイエット法です。

ハードな運動や厳しい食事制限をするのではなく、簡単にできることばかりなので他のダイエット方法と比べて成功率が高い方法といわれています。

1-2.快便ダイエットの方法

快便ダイエットの方法は、以下の4つです。

  • 朝の習慣を見直す
  • 食生活の改善と水分補給
  • 適度な運動とストレス発散
  • 就寝前の習慣を見直す

それぞれ詳しく紹介していきます。

①朝の習慣を見直す

朝の習慣では、主に3つの方法があります。

・カーテンを開けて朝日を浴びる

起床後は朝日を浴びましょう。

朝日を浴びると、脳内からセロトニンが分泌され、ストレスからくる便秘を改善させるのに効果的です。

・朝起きてすぐに、コップ1杯の水か白湯を飲む

睡眠中に失われた水分を補給するとともに、胃腸を刺激して便意をもよおす効果が期待できます。

・お通じが来なくても、5分トイレに入る

便意を感じなくても、5分間トイレに入ってください。

これは、体にトイレの時間を覚えさせ、習慣づけるためです。

②食生活の改善と水分補給

食生活と水分に関しては、以下の4つの方法があります。

・食事は1日3食、決まった時間に摂る

規則正しい時間に3食ちゃんと食べましょう。

特に、朝食を食べることで、腸が活性化し、排便を促す作用があります。

また、夕食に関しては、寝る3時間前までに済ませておくことが大切です。

なぜなら、眠る前に空腹状態でないと、睡眠中に胃腸が収縮することで便を送り出そうとする「空腹期伝播性強収縮」が阻害されてしまうからです。

・食事量を減らすのではなく、摂取カロリーを調節する

食事量を減らすと便量も比例して少なくなるので、腸の活動が鈍く、便秘になる原因となってしまいます。

だからといって、暴飲暴食をしては、かえって便を詰まらせてしまいます。

ダイエット目的で便秘改善するには一日の摂取カロリーを、女性は1日1200~1400kcal、男性は1600~1800kcal程度におさえましょう。

・水溶性食物繊維を摂取する

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は、腸内環境を改善する善玉菌を増やすのに効果的です。

主に、海藻類やオクラ、きのこ類、山芋などの「ねばねば食品」に多く含まれています。

また、腸内細菌の善玉菌を増やすのに、腸まで生きて届くヨーグルトやオリゴ糖を摂取することもおすすめです。

・こまめに水分補給をする

体内が水分不足だと、便も乾燥して硬くなり、排便しにくくなります。

1日に摂取する水分量は2Lが目安です。

水分の中でも、硬水に含まれるマグネシウムは便の水分を保持する役割があります。

しかし、飲み過ぎると下痢になる恐れがありますので注意しましょう。

マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれる便秘茶で、水分補給をすることもおすすめです。

③適度な運動とストレス発散

日常生活では、主に3つの方法があります。

・38度~40度のお湯で半身浴する

血行が良くなり、基礎代謝が上がって、便秘改善に効果的です。

・軽い運動を行う

運動不足も便秘となる原因の一つです。

ウォーキングやストレッチなどで、排便時に使う下腹部などを鍛えることができます。

・深呼吸をする

深呼吸をして、副交感神経に働きかけリラックスさせることにより、腸の働きを促すのに効果的です。

④就寝前の習慣を見直す

就寝前に行っていただきたい方法は2つあります。

・就寝1時間前は、パソコン・スマートフォンなどの画面を見ないようにする

液晶画面から出る光「ブルーライト」には、脳を活性化する効果があります。

脳が活性化すると、質の良い睡眠をとることができず、腸の機能の回復を妨げてしまうためです。

・就寝前は、暗めの照明にしてゆっくりと過ごす

リラックスタイムをつくることで、自律神経を副交感神経に切り替えることができ、腸の働きを促します。

1-3.快便ダイエットで期待できる効果

腸内環境が良くなることで、腸の活動が活発になります。

そのことにより、便秘が改善され、ぽっこりお腹もスッキリする効果が期待できます。

また、血行も良くなるので、基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい体へ近づくことが可能です。

快便ダイエットは、生活習慣から見直していく方法なので、良い習慣が身につくと太りにくい体質へ改善させ、リバウンドしづらくさせます。

2.その他の便秘改善法


快便ダイエットの他に、日常の生活でちょっとしたことを工夫するだけでも、便秘改善効果が期待できます。

以下の4つの方法です。

①運動やマッサージをする

ウォーキングや軽い筋トレを行い、腹筋をつけましょう。

お腹周りの筋肉がつくと、腸の蠕動運動の手助けができるので排便を促しやすくなります。

またマッサージは、大腸に刺激を与え、腸の活動を促すことができます。

お腹周りを「の」の字を描くように優しくマッサージしましょう。

②食生活を見直す

食生活を見直すと、腸内環境改善に役立ちます。

腸内環境のバランスを整えるには、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌を増やすには、食物繊維や発酵食品によく含まれている乳酸菌を多く含む食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

食物繊維を豊富に含む食品:納豆、ゴボウ、人参、さつまいも、こんにゃくなど。

乳酸菌を豊富に含む食品:ヨーグルト(ビフィズス菌が含まれていると特に良い)、チーズ、キムチ、ぬか漬け、味噌など。

③便秘茶を飲む

便秘茶は、即効性が期待できる天然の下剤成分が含まれているものや、食物繊維が多く含まれている体に優しいノンカフェインタイプなど様々な種類があります。

運動や食事と組み合わせて便秘茶を飲用することで、便秘の改善により高い効果を期待することができます。

価格も約500円~3,000円なのでコスパも良くおすすめです。

おすすめの便秘茶は、こちらのページに詳しく紹介しています。

④下剤や漢方薬を使う

下剤成分が含まれている薬は、ひどい便秘をすぐにでも解消したい時には有効な手段です。

しかし、下剤が手放せなくなる下剤依存症になる危険性があるため、継続しての服用は避けましょう。

漢方薬は、徐々に体質を改善する効果が期待できます。

体に優しい成分で便秘を改善したい方におすすめです。

3.便秘で太りやすくなる理由


便秘で体重が増える理由は2つあります。

  • 便秘で基礎代謝が下がり、脂肪のつきやすい体になっている
  • 便の重さだけで、約1kg体重が増えている

それぞれの詳細は以下のようになっています。

①便秘で基礎代謝が下がり、脂肪のつきやすい体になっている

便秘になると、腸の血液循環が悪くなり、基礎代謝が下がってしまい、脂肪が燃えにくくなります。

そうなると、腸内に便などの老廃物が溜まり、毒素を発生してします。

発生した毒素は、脂肪と結びついて皮下脂肪を作り、脂肪のつきやすいぽっこりお腹の原因になってしまいます。

②便の重さだけで、約1kg体重が増えている

1回分の便の重さは、約150gです。

ひどい便秘で1週間排便がなかった場合、150g×7日=1050gと便が溜まってしまいます。 

そのことにより、便の重さだけで約1kg体重が増えます。

4.ダイエットには便秘改善が効果的!


ダイエットを成功させるためには、腸内環境を整えて便秘を改善してからがおすすめです。

なぜなら、腸内環境が整うと血液がサラサラになり、老廃物をスムーズに回収し、排便できるようになります。

また、基礎代謝が活発になるため、脂肪燃焼しやすい体に改善するのに効果的です。

脂肪をしっかりと燃焼できる体を作ってから、ダイエットに取り組むと成功率もアップさせやすくなります。

5.まとめ


今回は、快便ダイエットやその他の便秘改善方法などを紹介しました。

快便することにより、基礎代謝が上がり、痩せやすい体を作る効果が期待できます。

また、ダイエット目的として便秘を改善してい方は、リバウンドの可能性が低く、日常生活を少し見直すだけでできる「快便ダイエット」がおすすめです。

便秘を改善して、痩せやすい体を手に入れましょう。